Welcome

今年も The Grand Trioリサイタルの季節が近づいてきました!

12月21日(日)14時、 JTアートホール  アフィニスにてクリスマスコンサートを開催します。ドヴォルザークのピアノトリオ 第3番の他、クリスマスにちなんだ小品の数々を演奏します。この日はThe Grand Trioのために書かれた「ロマンティック・クリスマス」の初演の日でもあります。お見逃しなく!

Profile

北海道帯広市生まれ。作間令子,蓼沼恵美子、渡辺健二の各氏に師事。1992年東京芸術大学音楽学部ピアノ科に入学後、英国王立音楽院の奨学生となり渡英。世界的なピアノ教育者であった故マリア・クルチョ女史、クリストファー・エルトン氏に師事。95年にイタリアのイセルニア国際ピアノコンクールで一位なしの2位を受賞。96年、同音楽院大学院を首席で修了、最優秀リサイタル賞受賞。在学中より室内楽奏者として国内外の著名アーティストと共演し、絶大な信頼を得る。また、クルチョ女史のアシスタントして後進の指導を始めた。

97年にデビューCDをリリース、各音楽雑誌で紹介される。同アルバムは98年にHMVジャパン新人賞を受賞した。2000年に帰国。翌年、東京文化会館でデビューリサイタルを開催し、好評を博した。

今までに、英国王立音楽院オーケストラ、「Music in the Mountains」フェスティバルオーケストラ、日本フィルハーモニーオーケストラなどと共演。

2008年に小森谷巧(ヴァイオリン・読売交響楽団コンサートマスター)、藤森亮一(チェロ・NHK交響楽団首席奏者)の両氏とともに「The Grand Trio」を結成。2009年5月にファーストアルバムをリリース。定期的にリサイタルを開催している。また、2010年10月にも新作アルバムがティートックレコーズよりリリースされた。

現在、横浜市在住。国内を中心にソロ、室内楽奏者として幅広い演奏活動を行っている。 抜群のテクニックと多彩な音色で作曲家の天才性を体現し、作品と聴衆の心をつなぐアーティストとして、静かにファンの輪が広がっている。

Reviews

「―― 感興のままに弾いて聴き手を惹きこむことができる天与の資質。」(レコード芸術)
「―― 聴き手を引きつける、絢爛たる音楽。」(雑誌ショパン)
「―― 瑞々しい感性と、指先の抜群のコントロールによって、音を自在に 操るその演奏はダイレクトに聴衆の心に共鳴し、感動を喚起してくれる。」(雑誌ムジカノーヴァ)

Recordings

© 2014 misatoyokoyama.com